毎日の新しい習慣に。「格闘詩」メールマガジンのご登録はこちらから。

読者購読規約

■メールマガジン発行者:野崎美夫 ■発行者メールアドレス:nozakimagazine@interstrategy.co.jp このメールマガジンは「まぐまぐ!」より発行しております。

HOME
格闘詩
大きなやかん 野崎美夫.com
メルマガ 格闘詩人生!格闘詩経営!格闘詩ゴルフ!格闘詩看護!格闘詩読者の声プロフィール



札幌のM邸で「待ち合わせ」という詩を作っていただいた者です。
私の夫への思いをあのような詩で
表現して下さりありがとうございました。
言葉に出来ない悲しみと喪失感の中で生きてきた私の人生に、
こんな素晴らしいことが用意されていたなんて‥
生きていて良かった!と、今は心から思っています。
天国で夫と待ち合わせていると思うと、
何だかドキドキ、ワクワクしています。
彼が「おっ!」と思うくらい、いい女になって再会したいと思います。

2008.12.29


格闘詩を読むと今の自分の悩みが特別なものではなく、
誰もが持っているものなんだと安心できるとともに、
それに向かっていこうという勇気が出てきます。
まだまだこの先たくさんの壁があるとは想うのですが、
目をそらさず壁と向かい合う勇気を私は格闘詩からいただきました。
これからもたくさんの人の心に響く詩を書かれてください。

2008.12.11


「言葉には魂が宿る」。
それを僕は改めて「格闘詩」から学ばせていただきました。

2008.12. 3


「だから
 なにが
 あっても

 なにが
 なくても

 おれは
 おれら
 しいな」

ボクの心の一番深いところに
この言葉はしまっておきます
ありがとうございました
この御恩は一生忘れません

2008.10


1000回目の配信おめでとうございます。
きっと、どんなこともあったと推測します。
「継続は、力なり。」
頭の下がる思いです。
小生も京都府の田舎で多くの団体に関わり
歴史は、今を生きる俺達が創っているんだ!
と自負しつつ頑張っています。
これからも「格闘詩」が誰かの心に届く素晴らしい
メルマガでありますように。

2008.7


毎日なるほどとうなずながら格闘詩を読ませていただいております。
今日は博多山笠がテーマ!
小学生の頃2度追い山に締め込み姿で出てました。
勢いよく水をかけられ一人前の男になった気がしてました。

博多部にある県立高校に通学しましたが 
歴史が古いせいか授業中に追い山慣らしのみこしが校門から
玄関の車回しを一周するのをとても誇らしく眺めてました。
みこしに乗ることは博多ではとても名誉なことですが 
歴代の校長が締め込みをして嬉しそうに掛け声をかけたものです。

後輩に長谷川法生さんもいて博多もんの気性をよく描いてますが
その通リで直情径行と言うより短気で
その単純さは60半ばの今でも変わりません。
博多山笠と聞くと今でも血が騒ぎます!
久しぶりに思い出すことができました。
とても嬉しくなり メールさせていただきました!

2007.7


愚痴は、体が要求しているストレスのはけ口と思います。
愚痴をいって、ある意味で自分を納得させるのは、
インテリジェンスの印です。
グッチの帽子やバックを愚痴で一杯しましょうか。
愚痴ばっかりの1日、次の日は、妙にさわやかで、
再出発ができると思います。
人生60年、がんばってきました。愚痴くらい言いたいです。

2007.7


素敵な詩をいつも有難うございます。
「相談」は大好きな詩の1つです。
いつの間にか主語が他人になり、
出来るだけ傷つかないようになっていました。
又は、得をとろうと思っていました。
が自分が主語の言葉を言えなくなっていました。
人生の主人公は自分だから、過去・現在・未来の自分に相談して、
自分を主語にして話すことは重要ですね。
この詩は、大切なことを思い出させてくれました。
難しいけど、せめて心の中では、
しっかりと自分を大切にしたいと思います。
本日の「脇役」も大好きです。先生方との研究の話では、
脇役になろうとしますが、なかなか出来ません。

2007.6


先日 新聞紙上で格闘詩を知り メール配信いただいてます。
短文・簡潔。以外と奇をてらわないで感覚的!
上手く表現できませんが楽しく読ませていただいてます。
ありがとうございます。
今日の詩で 新浦安にお住まいと知り何か身近になりました!
私は 新浦安・美浜に住む 昨年まで現役でした66才の
洟垂れ小僧です。
毎日が超ご多忙の様子。健康に留意されご活躍をお祈り
致します。
ありがとうございました。
     
2007.0302


きっと来る 貴方からの優しい言葉
来ないと思う気持ち半分
来るかなと言う気持ち半分
二人して分け合う気持ち半分
野崎先生の詩 読まして頂いています
頑張って応援してますから
詩で語り合いる 心の友達でいたいです

2007.0131


一秒の大切な時間
求める糧に 悩む
悩んでいる時間が いつもより長く感じる
一秒 一秒 時だけが 過ぎてゆく
人生と 時間の間に 自分の心に 安らぎと 空間だけが
何処となく似ているようなありがたい言葉 
頑張って下さい 

2007.0121


こんばんは。「二次会」は良い詩ですね。
行かなかったのは、正解だと思います。
自分が好きだった女性が、自分のなかで壊れるのも嫌ですが、
幸せそうな光景を見ていても、かえって自分が
惨めになるだけですから。
この詩を読んで、そう思いました。

2007.0117


こんにちは。はじめまして。
宮崎に住んでいる40歳の独身男です。
日立の工場で、プラズマテレビの製造の仕事をしています。
詩を見ていると、切なくなりました。
著者さんの体験談でしょうか?

2007.0116


だれしも、持ち合わせているのになかなか文章で表せないのです.

2006.1219


野崎様、いつもメールをいただきありがとうございます。
今回いただいた慣性の法則は、既に一歩を踏み出した私にとってとても心にしみこんできました。
歩み出せば
必ず
慣性の法則は
動きだした
きみを
後押ししてくれる
歩き出したらもう後戻りはできない、止まることはできない、歩き続けなければならない。
それもまた真実だと思いました。
今後とも楽しみにしています。

2006.1218


いつも、ほんとにすばらしい詩をありがとうございます。
12月14日の 母 を読んで、私も、あい通ずるものがあり、
涙ぐんでしまいました。
こわかった母、やさしかった母、母親は故郷そのものですね。
これからも、すぱらしい詩を送り続けてくださることを
ご期待申し上げます。

2006.1214


お世話になります。
いつもメルマガありがとうございます。
毎回、大変な詩作、すごいですね。
今回、微力ながら、紹介させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2006.1028


凄く癒される詩ばかりで感動しました。
言葉の一つ一つが生きていて心に響いてきました。
また遊びにきます☆
それでは失礼しますm(v_v)m

2006.0914


最初は読んで捨てていましたが、ちょっとひとりで読むのは惜しいかな?と思い始め送っています。
そんなに感動してくれて嬉しいよ!
今日は子どものだからあまり関係ないかもしれないけど、いつも自分が感銘出来る詩が多いよね!
毎日来るのでこれからも送り続けるね!

2006.0418


私自身が痛感中の内容で、とても共感できました(*^。^*)

2006.0415


今は大きな目に虫が良く飛び入んでくるが、大きな目で
多くのものをみたい!自分の作った物を目に焼きつけたいと言う願いがおもしろく表現されているようです。
大きな心の目で、目には見えない物事でも、深く見えたらいいのになーと思います。大きく、深く見えたら、いいのになー!!

2006.0309


「親孝行したい時には、親はいず」とは、よく言ったもの。
いくら思っていても、形に表さなくては、伝わらない!
一番の親孝行は、話を聞いてあげる事!何もしてあげら
れなくても、黙って聞いてあげる事!話を受けいれてあげ
る事!それだけで、満足するんだと、思う。共に、生きているんだと感じさせてあげる事が、
なによりの親孝行じゃないかな?と、この頃思うのであります。

2006.0305

 

トリノオリンピックの選手に、温かい思いを持って、 
応援して、かつ、最後の最後まで、選手達のプレーを、冷静に見ている鋭い詩だと、おもいます。

2006.0222


自分のしたい事をして楽しい!夢中になって走り続けている。でも、ふと気がついた時
本当に自分のしたい事はこれなのか?もっと他にあるんじゃないか?と自分の心に
問いかけている心情が伝わってきます。自分探しが、一番難しいと思うこのごろです。
何か共感できるような気がします。

2006.0220 


相手を思いやる心情が,優しさが、伝わってきます。いい詩です。ほのぼのとした
気持ちになります。

2006.0215


いつもありがとうございます、毎日楽しく読まして頂いています。
女の人ならではの、詩ですね。
お弁当も毎日 大変だと思います、頑張ってください。
心の伝わるネットにしたいものですね!

2006.0201


今日、へこんだ事がありました。
この詩の言う通りです。居場所は自分で見つけるのです。
他人のせいにしてはいけません。
2006.0130


「俺」の疑問は、そっくりそのまま、私にもあてはまりました。
けれど、答えは見つかりませんでした。たぶん、ずっと、見つからないかなって、思いました。

2006.0123


フとしたことから格闘詩の配信を頂く様になりまして以降
配信されてくるメールを毎回楽しみにしております。
素晴らしいです。本当に励みになります。読んでいると
自分の中にエネルギーが湧いてくるのがわかります。

2005.1229


こんにちは。いつも詩を読ませてもらっています。
いつもとてもすばらしい詩だと思っています。
とくに、今回の、「運命の人」という詩は、とっても同感できたし、ありえないほどすごい詩でした。
これからもいろと頑張ってくださいね

2005.1229


始めまして、いつも「格闘詩」の配信有難うございます。
「格闘詩」、時々ストンと心に納まることがあります。
今回の「あなたのために」もそうでした。
「あなた」と言うのは、読む人がそれぞれに思い描くのでしょうね?
私には、「母」と受け取れました。
母である私は、子供達が自分の幸せのために
自分が思う人生を歩んでくれることを願っています。
それぞれに大人になった今、
たとえ、子供が迷っていても、
哀しいくらいに、してあげられることが無いのです。
力が無いのです。
只、幸せを願って見守るだけ。
本当に、
大切な人の幸せが、私の幸せの「いちぶぶん」です。
これからも「格闘詩」楽しみにしています。
野崎美夫様に、たくさんの幸せがありますように^^

2005.1225


格闘詩を書こうと思える人は、希望を捨ててない人、
前へ前へと歩こうとしてる人、自分を好きでいられる人。
野崎さんを見ていてそう思いました。
夢も希望もなく、前を向いて歩く気力もなく、自分を嫌いな人は格闘詩とさえ向き合えないのです。
スランプに陥ったときに五木寛之の大河の一滴に救われた時のことを思い出しました 
(ただこちらはどちらかといえば、
現状維持ー慰め型のいわゆるプラマイ(+?)ゼロ
であり、プラスに奮い立たせるには至りませんけど)。
長いトンネルの中で一筋の光が見えた時きっと”これでええから、がんばれ!”と言える自分がいて、
自分の背中でも少し押してやろうかと、その時、格闘詩に向き合えるのかもしれません。
現段階では受動スイッチすらも入っておらず、”格闘”ということばに拒否反応さえ覚えるこの
精神状態では、いかんともしがたく、いつか能動スイッチがONになったら”格闘”という言葉の
響きについていけるのかもしれません。

2005.1220


毎号届く、シンプルだけど心の響く、
そんな言葉の数々にいつも心が癒される思いです。
これからも、良い言葉、心に響く言葉の配信
よろしくお願いします。

2005.1220


冷たい水との戦い 冷たい水を頭から被り
自己を磨き 貴方の 詩を 読む
心に感動を 齎してくれる 詩ですね
毎日水風呂に入っています
冷たさも一段と厳しくなりましたが
頑張ってください

2005.1218


私が,卒業する彼らに伝えたいことを「格闘詩」が代弁してくれたこと,
そして,そんな素敵な言葉に出会えたことを含めて,感謝致します。
これからも,一読者として,野崎さんの活躍を応援していきたいと思います。
本当にありがとうございました。

2005.1218


某県で中学校の教員をしているものです。
野崎さんのvol.56「いまが未来」を,
ぜひ,生徒への励ましの言葉として,卒業文集に引用したいと思い,
メールいたしました。

2005.1216


いつもメール読んでます
このメールを読んでとても励ましてもらったり最後までがんばろうと思う気がします
これからも是非メールを送ってくださいm(_ _)m

2005.1207


皆さんに感動を与えてください。
心をゆさぶる感動の体験を与えてください。

2005.1205


いつも読ませていただいています。本当に素晴らしい言葉をありがとうございます。

2005.1204


いままでありがとう!

2005.1202


私も格闘詩に励まされて
日々頑張っているひとりです。
PCに向かったとき格闘詩が届いていると
真っ先に開きます!
たとえばある日のことノ
家の中に誰もいなくなった日の朝
いつも心の中に閉じ込めているつらさがあふれ出て
思いっきり泣きましたノ

2005.1202


いつもメールを送っていただき、ありがとうございます。
楽しく読ませていただいてます。

2005.1201


とても素敵で感動しちゃいましたぁ?(*/□\*)

2005.1201


「お父さんとお母さんが突然死んだらどうする?」
娘 「私も一緒に死ぬよ。」
息子「一人で生きていくよ。」
「お父さんとお母さん、けんかしているの・」
娘「ね・頼むから仲良くして。」
息子「お母さんは今のこと言ってるよ。お父さんは明日のこと言ってるよ。」
ねぇ,お前たち
北風に背を向けないで
北風に向かって行こう。
きっと暖かい南風がやって来るって。
福岡の地より活躍祈ります。

2005.1130


いつも楽しく見させていただいております。
私に仲間にもほんとに返事をうってこない奴がいっぱいいます。
でも私はあなたほど寛大な心を持たず、ちっぽけな人間なんでしょうね。
はっきりいって腹がたちます、しかもメールの返事ぐらいうてや!
と言ったこともあります。忙しかったからという弁明をしてますが
私から言えばただのじゃまくさいだけで、人に対しての思いやりも
無いんだと思います。 でもこれからはすこしでもそんな考え方を
持ちたいと思います。
これからも頑張って下さい。

2005.1128


はじめまして
毎日 いろんな格闘詩をみてがんばろうと思わせていただいております。

2005.1128


すみません。学校行ってるのでメールが返せませんでした(^^;)今授業中ですが・・・
メールありがとうございます。早速家に帰ったらやってみたいと思います。今後ともお世話になることが
あるかと思いますがよろしくお願いがいします。m(。。)m

2005.1128


ありがとうございマス(^?^)これからも宜しくお願いしマス!

2005.1128


何時も楽しみにして見ています。
心あふれるような野崎さんの詩を楽しみにしています。
時には涙が出そうになります。
どうかこれからも頑張ってください、応援しています。
宜しくお願いします。

2005.1126


いい作品なのでもっと送ってくれませんか?

2005.1125


名句だ感動 v(^^*) ピース!

2005.1125


まだまだ落ち込んでいた私ですが、
この詩を読まさせていただき、
自分に負けていたことに気付かされました。
本当に励まされます。ありがとうございます。

2005.1121


もう、その詩は、あたしにぴったりな言葉と思います!!
そうですよね!前に無理して出なくていいんですよね!
また、そう言った詩を楽しみにまってまーす!!
ありがとうございました^?^

2005.1121


はじめまして。ayatanです。
「格闘詩」?がんばる自分を応援する言葉を
いつも楽しみにしています。
これからも頑張ってください☆

2005.1121


なんか自分の今と重なりました
とても心に響きました

2005.1121


おはようございます。格闘詩が自分そのものなんです。
まさに自分の事を詩にしてるような、読んでると涙が込上げてきます。
共感できる詩です。元気が出てくる詩です。ありがとうございました。

2005.1118


いつも、格闘詩を読んで励みにしてます。
これからも、素敵な詩を送って下さい

2005.1117


この詩は特に好いです!!!!!!!!

2005.1117


格闘詩面白いです。励みになります。途中からですが・・・

2005.1117


こんにちは、そういう時ありますね、休もうってきめたら休むそうしないと
なかなか休めないかもね体も心もゆっくり休めるのがいいですね
がんばるってなんでしょうか何か目的に向かってでしょうか生きていくことも
前向きに進むのでしょうか

2005.1116


どん底という詩は初めとても暗いものだと思っていたのですが、最後にイイ言葉があったのでよかったです。

2005.1115


「どんなにだめでもこれからよくなってけばいい」と慰められる詩だなぁと思いました。

2005.1115


ただ1つの目標に向かってがんばる大切さがかかれているなぁと思いました。

2005.1115


誰もが幾つかの 悲しみを乗り越えてきた
悲しみは 心から こみ上げてくるものだ
悲しみは 貴女の心が美しく見えるものだ
遠くに見える 影の人は 悲しみを 知るだろう
幼い頃の 悲しみが こみ上げてくるだろう
きっと 真心が分かる日に 涙がこぼれるだろう

2005.1114


なんかじぃんときた

2005.1114


がんばっている様子がよくでていますね何事においても
前向きにがんばること大事ってことですか?

2005.1114


他のダイレクトメールと違って力付けられる詩がのっているので好意がもてる!!

2005.1114


初めまして(*^_^*)東京に住む19歳の女です☆彡
私は、いま就職活動をしているのですがうまくいかずにもどかしい毎日をおくっています。
そんな時に、送られてきた「格闘詩」を読むと元気が出てきます♪
これからも、「格闘詩」を楽しみにしていますので頑張って下さい(^・^)

2005.1112


僕も未来に向かって頑張ろうと思いました。僕は今中学2年ですが狙っている高校があります。
頑張って行きたいです。

2005.1112


頑張ろう!って思いましナニ。
自分のためだけでなく自分の大切な人のためにも今を頑張って精一杯頑張ろうと思い
ましtニ!!
ありがとうございます! これからも頑張ってください!

2005.1111


「小さな花」
とても新鮮で純情で良い詩ですね(*^_^*)今咲いている小菊を思い出しました
有難うございました。では

2005.1110


「人と違ったっていい」という優しい感じのする詩だなぁ。と思いました。
20051110
いつも読んでいます。元気になります。
小さいものは、それなりに生き方があると思います。
自分の夢をあきなめないで、今出来ることをやるだけです。

2005.1110


いつも楽しく読ませていただいています。
頑張る自分を応援する言葉っていいですね。先日、52回目の詩を6歳に息子に見せました。
今、幼稚園で体育的行事に向けて跳び箱や縄跳び、フラフープの練習に励んでいますが縄跳びが全とべず
家に帰ってきてもモできない、できないモと泣き出してしまうこともありました。
この詩を読んであげたところ、その晩、お父さんと縄跳びをすると言い出し、なんと半なきになりながら一時間ずっと跳び続けました。
そして、ついに10回跳べたのです。
本人も私たち家族も大喜び。次の日、学校で合格のシールをもらってきました。
言葉の力ってすごいですね!
これからも楽しみにしていますので頑張って下さい。

2005.1110


「かならず」の感想
すごく分かる詩でした。
今の私にぴったしです。
今まで私はずっとやらなきゃいけないのに理由をさがしていてその日一日を無駄に過ごしていました。
今、私は勉強を一生懸命やる時期なのになかなか取り組めずなにかに逃げていました。
でもこの詩を読んでやっぱりやらない自分をつくらずに頑張っていけば結果がでるんだなぁと思いまし
た。
かならずという結果が待っているのならやっぱり私は今を一生懸命に頑張っていかなきゃいけないなぁ
と思いました。
次のテストでそのかならずという結果をだせるように頑張っていきたいと思います。
この詩を読んで一番大切な頑張るという気持ちを改めて感じさせられたなぁと思いました。
「殻」の感想
殻を破った時に本当に自分がみつかるのかもしれません。
この詩を読んで殻を破るのを応援したくなりました。
自分のことをはっきり言えるようになるのはとても難しいしそう考えたら誰もが今殻の中にいるのかも
しれません。
今自分の進む道へ行った人はその殻を破ったのかなぁと思いました。
私もそう考えたら今殻の中にいるのかもしれません。
みんなが殻を破り自分がみつけられたらなと思いました。
いつも読んでいます。元気になります。
小さいものは、それなりに生き方があると思います。
自分の夢をあきなめないで、今出来ることをやるだけです。

毎日の新しい習慣に。「格闘詩」メールマガジンのご登録はこちらから。

読者購読規約
Copyright (C) 2008 Nozaki Yoshio All rights reserved.